アジサシの挑戦記

挑戦を諦めない崖っぷち学生のブログ。

快適設備をフル装備!運賃も手頃!さくら観光昼行キラキラ号乗車記

 

こんにちは。アジサシです。
今日は横浜から京都へ向かうべく、また移動コストを抑えるために高速バスを利用したいと思います。
しかし、私が乗車した日は、6月23日。まだ運休するバスが多い時期です。
が、昼間のうちに安い価格で長距離移動をしなければならなくなりました
そんな中、私は価格も手ごろで快適性も良い、昼行高速バスを見つけました。

f:id:Ace_Tern:20200624005231j:plain

それが、キラキラ号です。

赤をベースにした派手な外装に、USB・レッグレスト・フットレストヘッドレスト・リクライニング・テーブル・トイレ付きの充実した内装で、目的地までずっと快適に過ごすことのできるバスした!!
そんな「キラキラ号(昼行)」について、本稿では取り上げたいと思います。

 

  1. どこからでも分かりやすい派手な外装
  2. 激安・・・ではないが手ごろな価格
  3. 豊富な車内設備で快適な移動をサポート
  4. 新宿発なんば行きに乗車

どこからでも分かりやすい派手な外装

派手な外装だから、SAやPAの休憩中にどのバスに乗ってきたかわかりやすい
赤く派手な車体に、犬と猫のキャラクターが描かれているのが特徴的なバス。
これなら他のバスと比較しても容易に見つけることができるでしょう。

 

 

激安・・・ではないが手ごろな価格

私は当日未明にこのバスの座席を「キラ☆割」プランの価格に500円OFFクーポンで割引した、3200円で購入しました。
プランは種類が多いので、プランの名称よりも価格と付帯するサービスに注目するとよいでしょう。
昼行バスの中では似た設備を持つ他のバスと比較すると非常に安いのですが(JRバス・横浜グラン昼特急、6000円など)、夜行バスが入るとその最安値である1400円にはさすがに価格の面では夜行バスが勝ります。ユタカライナー東京→大阪4列ゆったりなど)。

f:id:Ace_Tern:20200623155807j:plain

 

豊富な車内設備で快適な移動をサポート


(一部参考文献を引用します。)
リクライニング最大傾斜140度
座席幅約48cm
シート感覚約100cm
トイレ付き(一部付いていない車両がありそうです・・・)


この他にも、座席に


簡易テーブル
ヘッドレスト(可動)
レッグレスト
フットレスト
USBコンセント
が付いており、豊富な設備がそろっていました。

 

f:id:Ace_Tern:20200623155616j:plain

新宿発なんば行きに乗車

私が乗ったバスは、KR123便と呼ばれる、新宿を出て横浜、京都、梅田に途中停車し、難波へ向かう高速バスでした。
しかし、私情により途中停車する横浜で乗り、京都で降りることになっています。
具体的な時間は以下の通りでした。

横浜YCAT9:40着 9:50発
海老名SA10:35着 10:55発
浜松PA 13:12着 13:45発
土山SA 15:39着 16:10発
京都   17:10着(5分早着。ありがたい!

途中のSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)での休憩が長く、軽食ならその場で済ませられるほどの時間的余裕が生まれていました。

 

f:id:Ace_Tern:20200623155855j:plain

上の写真は、浜松PAで食べた食事。1000円チョットで購入でき、最短5分以内で出来上がる。

 

f:id:Ace_Tern:20200623155917j:plain

名港トリトンを渡り、まっすぐ京都へ進んでゆく。

 

f:id:Ace_Tern:20200623155946j:plain

天気は快晴。アジサシが遠征する際の9割は快晴(どうでもいい)

 

f:id:Ace_Tern:20200624002548j:plain

京都に到着。

 

まとめ


「キラキラ号」は、私が乗車した路線の他にも、様々な路線を全国的に展開しているようです。遠征や急すぎる出張、受験や就職活動などでぜひ乗ってみてはいかがでしょうか。

補足
私が乗車したのは、2020年6月23日に運行された、KR123便新宿発京都・梅田・難波行き「キラキラ号」です。
乗車したバスにはwi-fi設備はありませんでした。
バスによっては、設備が異なる場合があるようです。

参考文献
さくら観光「キラキラ号」(2020年6月23日最終閲覧)

www.489.fm